Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末やネットワーク機器などのリコール情報 - 利用機器がないかチェックを

消費者庁では、商品に関する何らかの欠陥や不具合によって、事業者が商品の回収や無償修理、注意喚起を行っている情報を取りまとめ、リコール情報として公表しているが、製品別特集として「情報通信機器」のページが用意されている。

パソコンやスマートフォン、タブレット、ネットワーク機器をはじめ、無停電電源装置やUSBメモリ、外付けドライブなど、破損や発火の可能性をはじめ、リコール情報を提供しているもの。

個別のページでは、型番などからリコール対象となる製品であるか特定する方法や、対応方法、連絡先などの詳細情報を参照することが可能。なお同庁では、リコール情報をメールで配信するサービスも提供している。

(Security NEXT - 2016/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムで再度不具合
アンケート回答者の個人情報が閲覧可能に - マイナビ農業