Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」がアップデート - 複数脆弱性を修正

複数の脆弱性を解消した「Apache Tomcat」のアップデートが公開された。脆弱性の深刻度はいずれも「中」以下となっている。

今回のアップデートでは、Security Managerがバイパスされ、任意でコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-0714」や、データが改ざんされるおそれがある「CVE-2016-0763」を修正。

またクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)トークンの漏洩「CVE-2015-5351」やセッションの固定「CVE-2015-5346」など、バージョンによって影響を受ける脆弱性は若干異なるが、あわせて7件の脆弱性を解消した。

深刻度は、「CVE-2016-0714」「CVE-2016-0763」「CVE-2015-5351」を「中」とし、それ以外の脆弱性は「低」にレーティングしており、今回のアップデートに「高」とされる脆弱性は含まれていない。

アップデートとして「同9.0.0.M3」「同8.0.32」「同7.0.68」「同6.0.45」が公開されている。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-5174
CVE-2015-5345
CVE-2015-5346
CVE-2015-5351
CVE-2016-0706
CVE-2016-0714
CVE-2016-0763

(Security NEXT - 2016/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を