Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非公開のゲーマー情報やメアドなどが漏洩 - e-sports SQUARE

複数プレイヤーによるビデオゲームの対戦をスポーツ観戦に見立てたエレクトロニックスポーツ(e-sports)を展開するSANKOにおいて、一部サービス利用者の情報が外部へ漏洩したことがわかった。

同社施設「e-sports SQUARE」のウェブサイトにおける会員の一部登録情報が、第三者により外部オンラインストレージ上へアップロードされていることが判明したもの。その後の調査で、システムの不備によりウェブサイトで非公開とされている情報が閲覧できる状態だったことがわかった。

本来同サイトでは、公開設定としたプレイヤー情報のみ外部より閲覧できるが、特定のURLを入力することで、公開設定の有無に関わらず、アクセスできる状態だった。

閲覧可能だったのは、ハンドルネームや性別、生年月日、居住都道府県など会員が任意で登録したプレイヤー情報4157件。そのうち2779件はメールアドレスが含まれる。

またプレイヤー情報を登録していない場合も、会員登録時のメールアドレスが利用者の意志にかかわらず初期設定で公開設定となっていたため、非公開設定へ変更していなかった1421件が、外部からアクセスできる状態だったという。

同社では、会員情報がアップロードされたオンラインストレージの運営会社にデータの削除を依頼。19日に削除を確認したとしている。

(Security NEXT - 2016/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
サンプル申込者の個人情報が閲覧可能に - ペット用品販売会社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
ユーザーの収益情報など外部から閲覧可能に - 動画サービス運営会社
アンケート回答が閲覧可能に - クラウドファンディング事業者