Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英検の答案用紙が所在不明 - 郵送するも届かず

日本英語検定協会は、一部答案用紙が所在不明になっていることを明らかにした。郵送したが同協会に届いていないという。

1月22日に実施した2015年度第3回実用英語技能検定の一次試験において、準会場である長野県内中学校の受検者25人分の答案用紙が所在不明となっているもの。氏名や住所、電話番号、生年月日などの個人情報も記載されていた。

試験終了後、回収した答案用紙を追跡機能付き郵便サービス「レターパックプラス」でポストへの投函により発送。しかし2月1日に同協会へ届いていないことが判明した。

同協会では、対象となる受検者とその保護者に報告するとともに、再試験を実施した。今後は、郵便局員が直接集荷するなど対策を検討するとしている。

(Security NEXT - 2016/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
小学校で1クラス分の家庭状況調査書が所在不明に - 大阪市
生徒の個人情報含む医療費支払請求書類が所在不明 - 東京都
個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市
中学校で災害共済給付制度の同意書が所在不明に - さいたま市
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
チーム医療の書類を一時紛失、駅ビルで拾得 - 横市大付属病院