Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、インシデント対応事業者向けにノウハウなどを提供

カスペルスキーは、パートナー向けにインシデント対応のノウハウやツールを提供する支援プログラムを開始した。

同プログラムは、インシデント対応サービスを展開するパートナー向け支援プログラム。初動対応、 原因調査、再発防止策など、同社のノウハウのほか、マルウェアの駆除ツール、ランサムウェアで暗号化されたファイルの復号ツールなどを提供する。

パートナーはこれらを活用し、セキュリティ侵害を受けた企業への対策サービスを提供したり、セキュリティ強化に向けた提案を行うことができるとしている。

パートナーの認定には、トレーニングの実施など一定の基準を設けた。カスペルスキーでは、手はじめにサイトロックと提携。2016年中に10社との提携を目指し、プログラムを展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
医療情報システムのセキュリティGL準拠を支援サービス
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry