Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、インシデント対応事業者向けにノウハウなどを提供

カスペルスキーは、パートナー向けにインシデント対応のノウハウやツールを提供する支援プログラムを開始した。

同プログラムは、インシデント対応サービスを展開するパートナー向け支援プログラム。初動対応、 原因調査、再発防止策など、同社のノウハウのほか、マルウェアの駆除ツール、ランサムウェアで暗号化されたファイルの復号ツールなどを提供する。

パートナーはこれらを活用し、セキュリティ侵害を受けた企業への対策サービスを提供したり、セキュリティ強化に向けた提案を行うことができるとしている。

パートナーの認定には、トレーニングの実施など一定の基準を設けた。カスペルスキーでは、手はじめにサイトロックと提携。2016年中に10社との提携を目指し、プログラムを展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けにネットワーク脅威の検知パッケージ - NTTセキュリティ
「IaaS」や「PaaS」上の設定不備を診断するサービス
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
警察庁が開発した「Lockbit」復旧ツール、複数被害で回復に成功
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
特定社会基盤事業者や周辺事業者向けのリスク対策支援サービス
漏洩アカウント情報を調査、通知するサービス - IIJ
サイバー攻撃に対するBCPの策定を支援 - ニュートン・コンサル
IoT製品の脆弱性監視分析サービス - NRIセキュア
MS、上位サブスク契約者向けだった詳細ログデータを開放