Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ先技、マルウェア解析と運用監視を組み合わせて提供

NTTデータ先端技術は、「マルウェア検知・解析サービス powered by Lastline」を2月より提供開始する。

20160201_in_001.jpg
サービスイメージ(画像:NTTデータ先端技術)

同サービスは、米Lastlineのマルウェア検知解析システムを同社の「セキュリティ運用監視サービス」や「セキュリティ・インシデント救急サービス」と組み合わせて提供するもの。

センサーやアラートなど監視して通知を行うほか、国内に設置したシステムを用いてマルウェアを解析し、結果を報告。月次レポートなども提供する。またオプションとしてインシデント発生時の初動対応や詳細解析サービスを用意している。

同社では、今後3年間で10億円の売上を目指して同事業を展開していく。

(Security NEXT - 2016/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス