Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽三井住友銀からのSMSに注意 - PW失効と偽って詐欺サイトへ

携帯電話やスマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を用いて、三井住友銀行の偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されている。

20160122_ap_001.jpg
SMSを用いたフィッシング(画像:フィッシング対策協議会)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングは、オンラインバンキングのパスワードが「翌日に失効する」といった内容のSMSを送り付け、記載したリンクからフィッシングサイトへ誘導する手口。アカウント情報や口座番号、暗証番号などが詐取されるおそれがある。

1月22日の時点でフィッシングサイトの停止が確認されているが、SMSを用いた手口は、これまでほかの金融機関でも確認されており、今後も類似の攻撃に注意する必要がある。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ドコモ口座」利用、携帯電話番号の登録必須に
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
ウェブサービスの画像認証で15%がログイン断念
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
セキュリティ啓発で警視庁と小島よしおさんがコラボ