Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Infoblox、UDPショートパケットのリアルタイム分析機能をリリース

Infobloxは、DNSに対する攻撃の増加を受け、同社製品における機能強化や、国内における事業展開への注力を図る。

同社では、手はじめに、UDPショートパケットをリアルタイム分析し、レポーティング機能を提供する「Infoblox DNS Threat Analytics」を1月末より投入する。

またIPアドレスを可視化する「IPAM機能」を、通信事業者やクラウド事業者に対して展開。サーバ管理者や、ネットワーク管理者間のIPアドレスの共通管理などを支援していく。

(Security NEXT - 2016/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
「BIND 9」の反射型攻撃対策に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
5月のDDoS攻撃は減少、最大規模の攻撃は1.9Gbps - IIJレポート
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
4月のDDoS攻撃、件数減少するも大規模な攻撃を観測 - IIJ調査
ウェブサーバ「nginx」に脆弱性、アップデートが公開
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
3月のDDoS攻撃、攻撃規模が拡大 - IIJ調査