Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MacとWindowsに対応したWi-Fi接続先を制御するツール

インテリジェントワークスは、Wi-Fiアクセスポイントの制御やUSBデバイス制御などを行うツール「マイウォッチャー」を1月20日より発売する。

同ツールは、ホワイトリストによるWi-Fiアクセスポイントの制御を行うソリューション。WindowsとMacに対応し、ファイアウォールを経由しないポケットWi-Fiやテザリングによるアクセスを制限できる。

USBメモリやDVDなどの外部メディアに対し、ホワイトリストによる制御が可能。パソコンの操作ログやログイン/ログアウト履歴、USBメモリの接続履歴、NASやファイルサーバへのアクセスやファイル操作履歴、ブラウザでアクセスしたURLなどのログ収集も行う。

価格は、ミラーリングハブ付属のハードウェア込みで32万4000円。電話とメールによるサポートや、ソフトウェアのアップグレードサポートが付属する。

(Security NEXT - 2016/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
Apple、「macOS Catalina 10.15.3」やセキュリティ更新を公開
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン