Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン

特許庁は、2015年度「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」を開始した。特設サイトで、犯罪の手口を紹介するアニメ動画などを公開している。

同キャンペーンは、インターネット上の取引において模倣品や海賊版の被害が増加している現状を受け、模倣品や海賊版の撲滅に向けた消費者向けの啓発活動を展開するもの。「あなたと社会に、ニセモノは悪です。」をキャッチコピーに、特設サイトを開設した。

同サイトでは、悪質業者の手口を紹介するアニメ動画を公開するほか、模倣品や怪しいサイトの見分け方を、通販サイトやオークションサイトなどタイプ別に紹介している。また各種サイトに広告を掲載してキャンペーンサイトに誘導する。

(Security NEXT - 2015/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
海賊版サイトへのアクセス抑止策に関する報告書 - 総務省
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
ユーロポール、海賊版販売ドメイン3万3654件を押収 - 仮想通貨など100万ユーロを凍結
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調