Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、暗号化で盗聴リスクを低減した無線キーボードに新製品

日本マイクロソフトは、AES暗号化通信に対応したワイアレスキーボード3製品をあらたにラインナップへ追加し、12月11日より販売を開始する。

同製品は、PCのUSBポートへ接続するレシーバーとの無線接続に、AESによる暗号化通信を採用したワイアレスキーボード。キーボードのキー入力情報を暗号化して送信するため、盗聴リスクを低減できる。

各キーボードは、製造段階で特定のレシーバーと紐付けており、解読に必要なキーにアクセスできないようファームウェアを開発しているという。

価格は、ワイヤレスキーボードとマウスがセットになった「Wireless Comfort Desktop 5050」が8618円、「Wireless Desktop 850」が4298円。キーボードのみの「Wireless Keyboard 850」が3218円。

(Security NEXT - 2015/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MDMサービス「mobiconnect」に新版 - USBメモリのホワイトリスト機能
活発な動きを見せるイランの「Chafer」 - サプライチェーン上流を標的に
Apple、macOS向けに脆弱性に対処したアップデート - 重複除く125件を解消
十八銀行で不正ログイン - 不正送金は確認されず
Apple、メジャーアップデートとともに「iOS 10.0.1」をリリース
不正送金マルウェア「Gozi」に警戒を - 日本語メールやEK経由で感染
ワイアレスマウスに「MouseJack」の脆弱性 - 遠隔操作のおそれ
りそな銀利用者狙うフィッシング攻撃 - アカウント凍結と不安煽る
法人向けKasperskyのWindows版に暗号化機能 - 不正USBデバイスへの対策機能も
ネットバンキングの不正送金、マルウェアも進化