Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」の運用を世界に先駆けて開始

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性対策データベース「JVN iPedia」における脆弱性の深刻度について、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」による評価を開始する。

6月にFIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)より「CVSS v3」が公開されたことを受け、従来の「CVSS v2」との併記により運用を開始するもの。世界に先駆けて運用していくという。

「CVSS v3」では、「必要な特権レベル」「ユーザ関与レベル」の項目を追加。また影響範囲が攻撃対象システムにとどまるか示すスコープのほか、影響を受ける範囲ではなく、重要な情報に対する影響の有無を評価する。

概要を説明した「共通脆弱性評価システムCVSS v3概説」を用意。併記に関しては2017年度末をめどに検討、見直しを行う予定。

(Security NEXT - 2015/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
クレカ情報流出、不正利用の可能性 - 健康食品通販サイト
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
ECサイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - キャンディル子会社
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査