Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」の運用を世界に先駆けて開始

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性対策データベース「JVN iPedia」における脆弱性の深刻度について、共通脆弱性評価システム「CVSS v3」による評価を開始する。

6月にFIRST(Forum of Incident Response and Security Teams)より「CVSS v3」が公開されたことを受け、従来の「CVSS v2」との併記により運用を開始するもの。世界に先駆けて運用していくという。

「CVSS v3」では、「必要な特権レベル」「ユーザ関与レベル」の項目を追加。また影響範囲が攻撃対象システムにとどまるか示すスコープのほか、影響を受ける範囲ではなく、重要な情報に対する影響の有無を評価する。

概要を説明した「共通脆弱性評価システムCVSS v3概説」を用意。併記に関しては2017年度末をめどに検討、見直しを行う予定。

(Security NEXT - 2015/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正