Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「LiveCycle Data Services」向けにセキュリティアップデート

Adobe Systemsは、「LiveCycle Data Services」向けにセキュリティアップデートの提供を開始した。

細工したXMLドキュメントを処理すると、サーバサイドリクエストフォージェリが生じる脆弱性「CVE-2015-5255」が判明したもの。

同社では、すべてのプラットフォームが影響を受けるとしており、セキュリティアップデートとして「同4.7.0.354178」「同4.6.2.354178」「同4.5.1.354177」「同3.1.0.354180」「同3.0.0.35417」を用意した。「BlazeDS」向けのアップデートも含まれており、同社ではColdFusion向けのホットフィクスでも同様の修正を実施している。

適用優先度は3段階中2番目の「2」としており、30日以内を目安に対応を求めている。

(Security NEXT - 2015/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性