Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、「LiveCycle Data Services」向けにセキュリティアップデート

Adobe Systemsは、「LiveCycle Data Services」向けにセキュリティアップデートの提供を開始した。

細工したXMLドキュメントを処理すると、サーバサイドリクエストフォージェリが生じる脆弱性「CVE-2015-5255」が判明したもの。

同社では、すべてのプラットフォームが影響を受けるとしており、セキュリティアップデートとして「同4.7.0.354178」「同4.6.2.354178」「同4.5.1.354177」「同3.1.0.354180」「同3.0.0.35417」を用意した。「BlazeDS」向けのアップデートも含まれており、同社ではColdFusion向けのホットフィクスでも同様の修正を実施している。

適用優先度は3段階中2番目の「2」としており、30日以内を目安に対応を求めている。

(Security NEXT - 2015/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み