Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信システムに不正アクセス、アドレス2000件が削除 - 那覇市

沖縄県那覇市のメールマガジン配信システムが不正アクセスを受け、登録アドレス2090件が削除されていたことがわかった。情報流出などは確認されていないという。

10月8日、同市職員がメールマガジンの配信作業を行っていたところ、登録メールアドレス2090件が削除されていることに気が付いた。

システム保守を委託している事業者が調査を行ったところ、同月3日にサーバが不正アクセスを受けていたことが判明した。

同市では報告を受けた翌20日にシステムを停止してメール配信を中止。不正アクセスを受けたシステムには、登録者のメールアドレスと配信を希望した記事カテゴリが保存されており、メールアドレスが削除された以外の被害は確認されていないという。

同市では、対象となる登録者に報告と謝罪を行う。またメールマガジンについては、システムの安全性が確認でき次第再開するが、現時点で再開時期は未定。

(Security NEXT - 2015/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか