Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ・ミニキャンプ」が北海道で12月に開催

情報処理推進機構(IPA)はセキュリティ・キャンプ実施協議会と共同で、「セキュリティ・ミニキャンプ in 北海道」を12月に開催する。

セキュリティ・キャンプは、若年層におけるセキュリティ人材の育成を目的に2004年から実施。全国大会でより多くの学生がチャレンジできるようにするため、2013年より地方大会としてセキュリティ・ミニキャンプを各地域で展開している。

12月12日と13日に、学生を対象とした専門講座を実施。専門家による講演のほか、アプリケーショ ンレイヤーのセキュリティ技術に関する解説をはじめ、「TLS」「HTTP/2」といったプロトコルや「Chrome Extension」を用いた通信解析などの演習を予定している。また初日には学生以外でも参加できる一般講座を用意している。

会場は、札幌市産業振興センター。参加費は無料で、申込締切は一般講座が12月7日17時。専門講座は11月16日17時。定員は一般講座が70人で、定員になり次第締め切る。専門講座は20人で、選考により決定する。

(Security NEXT - 2015/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差