Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミラクル・リナックス、大規模システム向け統合監視サーバを発売

ミラクル・リナックスは、大規模システム向け統合監視サーバ「MIRACLE ZBX8220」の販売を開始した。

同製品は、「MIRACLE ZBX8200」の後継製品。監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX 2.2」を搭載したほか、OSも監視サーバ用にチューニングしてある。

ハードウェアには、富士通の「FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M1」を採用。クラスタ用ソフトウェア「MIRACLE CLUSTERPRO X」をあらかじめインストールして提供する。

価格は、「MIRACLE ZBX8220 1年サポートパック」が291万6000円。また5年サポートパックやクラスタサポートパックなども用意している。

(Security NEXT - 2015/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード