Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、マルウェア感染把握と駆除を行う監視サービス

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)とタニウムは、エンドポイントセキュリティの分野で協業した。マルウェアの感染状況を把握し、駆除なども実施する監視サービスを展開する。

今回の協業を通じて、PwCでは「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」を提供。同サービスでは、短時間でエンドポイントから情報を取得できるタニウムのプラットフォームを利用。PwCのインテリジェンスを活用しつつ、組織内のエンドポイントを監視する。

マルウェアの不正な振る舞いを検知し、インシデント発生時にはマルウェアの感染状況や侵入経路の特定し、マルウェア駆除を行う。

同社とタニウムでは、共同でマーケティング活動を展開。すでに海外では7月よりアライアンスを組んでおり、それらノウハウも活用していく。

(Security NEXT - 2015/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス