Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソ、「秘文」と「FireEye」の連携ソリューション

日立ソリューションズは、「秘文 Device Control」と「FireEye NX」の連携ソリューションを9月15日より提供開始する。

同ソリューションは、組織内部におけるマルウェアの感染拡大を防止したり、データの外部送信リスクを低減するソリューション。

ファイア・アイのマルウェア対策製品「FireEye NX」で検知したインシデントの重要度に応じ、「秘文 Device Control」によりマルウェアへ感染した端末に警告を表示したり、ネットワークから自動的に遮断することが可能。

またインシデント発生時に両製品のログを分析することで、漏洩した可能性のあるファイルの特定などが行えるとし、オプションとしてログ解析製品なども提案していくという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント