Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区の紙おむつ支給事業で再委託先が個人情報を不正利用

東京都豊島区および北区が実施している紙おむつ支給事業において、委託先が契約で禁止されている再委託を行っていたことがわかった。再々々委託業者が、受託した個人情報を関係ないダイレクトメールの送付などに流用していたという。

両区が実施している高齢者紙おむつ支給事業および心身障害者おむつ支給事業において、委託先の白十字販売が一部業務について契約で禁止されている再委託を行っていたもの。さらに下請け業者間でも再委託が行われており、再々々委託先など含め5社が業務に関わっていた。

一連の業務において、再々々委託業者だった葵は、紙おむつ配送先名簿に記載されている登録者宛てに同事業とは無関係な広告をダイレクトメールで発送していた。豊島区によると、個人情報が委託先以外に流出した件数は923件で、そのうち417件にダイレクトメールが発送されたという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
委託先でメール誤送信、セミナー申込者のメアド流出 - 埼玉県
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
委託先でメール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 新潟県
水道利用者のクレカ情報含む書類が所在不明 - 札幌市水道局
保守端末に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本医療研究開発機構
公共施設利用者の個人情報が流出、検索サイトに表示 - 弘前市