Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区の紙おむつ支給事業で再委託先が個人情報を不正利用

東京都豊島区および北区が実施している紙おむつ支給事業において、委託先が契約で禁止されている再委託を行っていたことがわかった。再々々委託業者が、受託した個人情報を関係ないダイレクトメールの送付などに流用していたという。

両区が実施している高齢者紙おむつ支給事業および心身障害者おむつ支給事業において、委託先の白十字販売が一部業務について契約で禁止されている再委託を行っていたもの。さらに下請け業者間でも再委託が行われており、再々々委託先など含め5社が業務に関わっていた。

一連の業務において、再々々委託業者だった葵は、紙おむつ配送先名簿に記載されている登録者宛てに同事業とは無関係な広告をダイレクトメールで発送していた。豊島区によると、個人情報が委託先以外に流出した件数は923件で、そのうち417件にダイレクトメールが発送されたという。

(Security NEXT - 2015/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
観光促進キャンペーンの当選メールで送信ミス - 高知県
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
委託先でランサムウェア感染、情報流出の可能性 - 千葉県芝山町
総務省、通信の秘密や個人情報の流出で楽天モバイルに行政指導
委託先でランサム被害、影響は調査中 - 岸和田市