Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、月例パッチ12件を公開 - 2件の脆弱性にゼロデイ攻撃

日本マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新12件を公開した。あわせて52件の脆弱性を解消している。

最大深刻度が、4段階中もっとも高い「緊急」のアップデートは5件。なかでも「MS15-097」「MS15-099」に関しては、ゼロデイ攻撃で利用された脆弱性へ対処したという。

「MS15-097」では、フォント処理などに関する「Windows Graphicsコンポーネント」の脆弱性11件を解消したが、「Win32k」においてメモリ破損により特権の昇格が生じる脆弱性「CVE-2015-2546」がすでにゼロデイ攻撃で利用されている。

また「Office」の脆弱性に対応する「MS15-099」についても、限定的ではあるが、標的型攻撃に利用されているという。EPSファイルの処理に「CVE-2015-2545」が含まれ、細工された画像データを処理するとコードが実行されるおそれがある。

さらに「MS15-094」では「Internet Explorer」の脆弱性17件を解消。「Windows 10」に搭載された「Microsoft Edge」の累積的な4件の脆弱性に対しては「MS15-095」で修正した。「MS15-098」によりリモートでコードが実行されるおそれがある「Windows Journal」の脆弱性1件を対処している。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正