Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住信SBIネット銀、勘定系システムで一時障害 - 8日未明に復旧

住信SBIネット銀行において、9月7日22時過ぎより一時ATM取引やオンラインバンキングを利用できない障害が発生したことがわかった。

同社によれば、勘定系システムにおけるハードウェア障害が原因で、ウェブサイトへのアクセスやオンラインバンキングが利用できない状態となった。ATMによる取り引きも影響を受けた。

同社では復旧を進め、約5時間後となる8日未明3時ごろに復旧した。現在はすべてのサービスが通常どおり利用できるという。

(Security NEXT - 2015/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
サイバー攻撃で複数システムが停止、バックアップで復旧- 岐阜の病院
サーバに不正アクセス、ポイントカードで障害も - ナフコ
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
障害者の就労支援会社がランサム被害 - 「Phobos」亜種が関与か