Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修受講者の個人情報含むデータを誤公開 - 大阪府社会福祉協議会

大阪府社会福祉協議会は、職員研修の受講者の個人情報が記載されたファイルを、誤ってウェブサイトに掲載していたことを明らかにした。

同協議会によれば、9月に実施する研修の受講予定者向けに資料を8月5日に公開したところ、前回の研修受講者が記入した別のシートを誤って公開してしまったという。

14日に受講予定者から連絡があり、問題が判明。同協議会では、対象となる受講者や所属の施設長に対し、報告と謝罪を行った。

誤って掲載したシートには、第1回受講者41人の氏名や施設名、職名、上司の氏名やコメントのほか、職務や福祉の仕事に関する記述があった。掲載されていた期間中、15回のアクセスがあったという。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県