Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修受講者の個人情報含むデータを誤公開 - 大阪府社会福祉協議会

大阪府社会福祉協議会は、職員研修の受講者の個人情報が記載されたファイルを、誤ってウェブサイトに掲載していたことを明らかにした。

同協議会によれば、9月に実施する研修の受講予定者向けに資料を8月5日に公開したところ、前回の研修受講者が記入した別のシートを誤って公開してしまったという。

14日に受講予定者から連絡があり、問題が判明。同協議会では、対象となる受講者や所属の施設長に対し、報告と謝罪を行った。

誤って掲載したシートには、第1回受講者41人の氏名や施設名、職名、上司の氏名やコメントのほか、職務や福祉の仕事に関する記述があった。掲載されていた期間中、15回のアクセスがあったという。

(Security NEXT - 2015/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
同県サイトのオープンデータに個人情報、削除漏れで - 栃木県
破産者情報掲載サイトに停止を勧告 - 個情委
講座関係者のメアドをサイト内に誤掲載 - 朝日カルチャーセンター
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
認証飲食店PRで店舗ではなく申請者住所を誤掲載 - 香川県
個情委、破産者情報サイトの運営者に命令 - 違反すれば刑事告発も
新型コロナ陽性者の氏名をサイトに誤掲載 - 福岡県
約7カ月にわたり個人情報を市サイトに掲載 - 有田市