Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月のフィッシングURLは87件 - 2014年5月以来の水準

8月は、フィッシングで利用されたURLの件数が100件を下回った。2014年5月以来の水準で報告数も大きく減少している。

フィッシング対策協議会が、8月に寄せられたフィッシングの報告状況を取りまとめたもので、報告数は299件。前月の614件から半減している。

2015年上半期のフィッシング報告数を見ると、1月に2000件を超えたものの、2月は一転して500件以下へ縮小するなど浮き沈みが激しい。その後も4月や5月など一時増加傾向が見られたが、6月以降は500件前後で推移。8月はさらに改善し、2013年10月以来となる200件台へと落ち着いた。

特定の金融機関を騙るフィッシングが、前月から7割減となったことが影響したという。一方、オンラインゲーム関連は前月比13件減の216件と大きな変化は見られず、報告数全体に占める割合が前月の37%から72%へと上昇している。

フィッシングサイトに利用されたURLの件数も545件とピークを迎えた5月より減少傾向が続いており、8月も前月比129件となる87件。100件を下回ったのは、94件だった2014年5月以来。フィッシングに悪用されたブランド件数も前月を5件下回り12件だった。

(Security NEXT - 2015/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北海道銀行を装うフィッシング - 他攻撃の文面を使い回しか
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的