Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「楽天カード」のiOS版アプリに脆弱性、暗号化通信盗聴の可能性

楽天カードが提供するiOS向けアプリ「楽天カード」に、SSLサーバ証明書の検証不備の脆弱性「CVE-2015-2988」が存在することがわかった。修正版が公開されている。

脆弱性情報ポータルサイト「JVN」によれば、「同5.2.0」から「同5.2.4」において、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性が含まれるという。脆弱性が悪用された場合、中間者攻撃により、盗聴などが行われる可能性がある。

楽天カードでは、脆弱性を修正した「同5.3.0」を8月31日に公開した。今回の脆弱性は、青木圭一氏が情報処理推進機構(IPA)に報告。JPCERTコーディネーションセンターが開発者との調整を行った。

(Security NEXT - 2015/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ
「iOS 14.4」がリリース、悪用報告あるゼロデイ脆弱性に対処
「Firefox 85」がリリース - 脆弱性13件に対応
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を