Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発終了した施設予約管理用CGIプログラムに複数の脆弱性

ディーアイシーが提供していた施設予約管理用CGIプログラム「yoyaku_v41」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。すでに開発は終了しており、利用の中止が推奨されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、リモートより任意のファイルを作成できる脆弱性「CVE-2015-2977」や認証が回避される脆弱性「VE-2015-2978」、OSコマンドが実行できる脆弱性「CVE-2015-2979」などが明らかとなったもの。

これら脆弱性は、馬場将次氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告し、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。すでにディーアイシーでは、製品の開発や配布を終了しているとして、利用の中止が推奨されている。

(Security NEXT - 2015/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」