Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛媛大のサイトに不正アクセス - メールアドレスが流出

愛媛大学が不正アクセスを受け、「愛媛大学ミュージアム」の情報配信用に登録されていたメールアドレスが流出したことがわかった。

同大が業者に運用を委託しているウェブサーバが、同月10日に不正アクセスを受けたもので、外部機関から7月13日に連絡があり、判明したという。愛媛大学ミュージアムの情報配信メールサービスに登録されているメールアドレス366件が外部へ流出した。

同大学では、不正アクセスを受けたサーバを停止。アプリケーションの脆弱性を突かれたものと見られているが、詳細な調査を進めている。また、アドレスが流出した登録者には報告と謝罪を行う方針。

(Security NEXT - 2015/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
複数通販サイトのクレカ情報流出、被害規模が判明 - JIMOS