Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「投資カレンダー」に不正アクセス、アカウント情報流出の可能性 - 証券ジャパン

証券ジャパンが提供しているオンラインサービス「投資カレンダー」に対して不正アクセスがあり、利用者のメールアドレスが外部へ流出したことがわかった。

同サービスは、経済指標やニュースなどを配信する会員登録制の無料サービス。7月6日13時半ごろに顧客のメールアドレスなどの情報が流出している可能性があることが判明。調査を行ったところ、同サービスに対する不正アクセスの痕跡が見つかったという。

同社では、今回の不正アクセスにより、サービス利用者のメールアドレス最大363人分と、最大39人分のログインパスワードが流出した可能性があるとしており、詳細を調べている。

同社では、対象となる利用者にメールで報告する。また不正アクセスの原因となった脆弱性を修正し、安全性の点検が完了次第、停止中の新規登録とログインを再開するとしている。

(Security NEXT - 2015/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

建築関係者向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社