Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「node.js」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開

20150707_no_001.jpg

サーバーサイドで動作するJavaScriptプラットフォームの「node.js」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消したアップデートが公開されている。

V8 JavaScriptエンジンによるUTF文字列のデコード処理に問題があり、プロセスがクラッシュする脆弱性が判明したもの。外部から細工したデータが送り付けられると、サービス拒否の状態に陥る可能性がある。

開発者グループは、脆弱性を修正した「同 0.12.6」および「io.js 2.2.3」「io.js 1.8.3」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性