Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、開発者向けに「Common Criteria評価」の説明会

情報処理推進機構(IPA)は、「Common Criteria評価」のセキュリティアーキテクチャに関する説明会を7月28日に都内で開催する。

同説明会は、開発者を対象としたもので、同機構が発行する「開発者のためのセキュリティ解説書」を解説。その上で「Common Criteria(ISO/IEC 15408)」の評価取得に必要な資料の留意点などを説明する。ただし、ハードウェア評価の解説は含まれない。

参加費は無料で、申し込みはメールで受け付ける。定員は40名で先着順で受け付け、定員となり次第、締め切りとなる。説明会や申し込み方法などの詳細は、同機構のページから。

(Security NEXT - 2015/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
「Spring Security」に複数の脆弱性 - アップデートにて修正