Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染が判明、電子カルテには影響なし - 香川大付属病院

香川大学医学部付属病院のパソコン1台が、マルウェアに感染していたことがわかった。情報の外部流出は確認されていないという。

同院の発表によれば、6月11日に警察から情報提供があり、パソコン1台がマルウェアに感染していることが発覚したもの。

保有する個人情報の外部流出は、現時点では確認されていない。また、同院の電子カルテシステムは感染端末とは別のネットワークで運用しており、感染のおそれはないという。

同院では、情報流出を口実に電話やメールで個人情報を聞き出したり、金銭の振込みを指示するなどの詐欺行為に対し、十分警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
業務PCが「Emotet」感染、個人情報が流出 - 保険代理店
2要素認証の除外アカウントに大量の不正ログイン - 熊本県立大
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ