Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア感染が判明、電子カルテには影響なし - 香川大付属病院

香川大学医学部付属病院のパソコン1台が、マルウェアに感染していたことがわかった。情報の外部流出は確認されていないという。

同院の発表によれば、6月11日に警察から情報提供があり、パソコン1台がマルウェアに感染していることが発覚したもの。

保有する個人情報の外部流出は、現時点では確認されていない。また、同院の電子カルテシステムは感染端末とは別のネットワークで運用しており、感染のおそれはないという。

同院では、情報流出を口実に電話やメールで個人情報を聞き出したり、金銭の振込みを指示するなどの詐欺行為に対し、十分警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
オンラインストアのセール案内メールで誤送信 - 東京ソワール
ゼロデイ攻撃で受信メールが流出した可能性 - 国立科学博物館
東大教員PCが標的型攻撃でマルウェア感染 - 対策ソフトは検知せず
委託先がランサム被害、発注データ流出のおそれ - 積水ハウス
グループ会社で個人情報流出の可能性、機微情報への影響は調査中 - 日本原燃
上下水道関連システムがマルウェア感染、インフラへの影響なし - 大槌町
標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関