Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード管理ソリューション「LastPass」で情報漏洩

パスワード管理ソリューション「LastPass」において、一部関連情報が外部へ流出したことがわかった。ユーザーデータの流出は確認されていないが、関連するユーザーにマスターパスワードの変更を呼びかけている。

6月12日に同社のネットワークでおいて不審な挙動を検知したもの。調査を行ったところ、メールアドレスやパスワードリマインダ、認証に用いるハッシュ情報などが侵害を受けていたことがわかったという。

ユーザーデータやユーザーアカウントに関しては、アクセスを受けた形跡は発見していないと説明。ユーザーのデータはAES256bitで暗号化しており、ランダムなソルトを加えた認証ハッシュを用いるなど、セキュリティ対策は十分であることを強調している。

さらに多要素認証を利用していないユーザーが、これまでアクセスされたことがないIPアドレスやデバイスからのアクセス時に認証を強化するなど対策を強化したことを明らかにした。

同社は、影響があるユーザーに対し、メールで通知するともにマスターパスワードの変更を推奨。メールを受けていないユーザーは対応の必要はないとしている。またすべてのユーザーに対し、マスターパスワードを他サイトで使い回している場合は変更することや、多要素認証の利用を推奨している。

(Security NEXT - 2015/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
「Citrix ADC」「Citrix Gateway」のVPN機能に深刻な脆弱性 - 早急に更新を
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性