Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【Interop】前回を上回る来場者、2日で8万4000人を突破

最先端のインターネットテクノロジーを紹介する展示会「Interop Tokyo 2015」。同時併催イベントを含め、486社が出展しており、来場者も2014年を上回るペースで推移している。

初日となった6月10日は、3万8718人が来場。2014年の3万6613人を上回るなど順調な出足となり、2日目も前回の4万4478人を上回る4万5322人が参加した。

来場者は最終日につれて多くなる傾向にある。前回は5万1518人が来場しており、最終日の来場者数に注目が集まる。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe7製品にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性などに対処