Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサービス登録者の個人情報7500件を誤送信 - 日本郵政

日本郵政は、「建設工事発注情報メールサービス」の登録者約7500人に対し、登録者の個人情報含むファイルを誤送信していたことを明らかにした。

同社の不動産部門施設部が、6月8日に建設工事の発注情報を無料で提供する「建設工事発注情報メールサービス」の登録者約7500人に対し、個人情報含むファイルを誤送信したというもの。

誤送信したのは、同サービス登録者の個人情報約7500件。登録者名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。同社では、誤送信を行った2時間後に送信先に連絡。情報の削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信、移住相談関係者のメアド流出 - 南砺市
心理検査結果を個人PCに送信、誤って31市町にも - 静岡県
メアドを入力ミス、第三者にメールを誤送信 - 新潟県
メール誤送信、宛先候補に表示された類似メアドに - 大阪市
イベント中止連絡のメールを「宛先」「CC」で送信 - 佐用町
大阪府立支援学校でメール誤送信 - 約1カ月後の指摘で問題把握
体験入学申込者宛のメールで誤送信 - 大阪府立高校
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
顧客宛のメールで4回にわたり「CC」送信 - バイク王
受託業者がメール誤送信、イベント出展団体のメアド流出 - 埼玉県