Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールサービス登録者の個人情報7500件を誤送信 - 日本郵政

日本郵政は、「建設工事発注情報メールサービス」の登録者約7500人に対し、登録者の個人情報含むファイルを誤送信していたことを明らかにした。

同社の不動産部門施設部が、6月8日に建設工事の発注情報を無料で提供する「建設工事発注情報メールサービス」の登録者約7500人に対し、個人情報含むファイルを誤送信したというもの。

誤送信したのは、同サービス登録者の個人情報約7500件。登録者名や住所、電話番号、メールアドレスなどが含まれる。同社では、誤送信を行った2時間後に送信先に連絡。情報の削除を依頼したという。

(Security NEXT - 2015/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
児童データの移行でメールの誤送信が発生 - 北広島市
施設予約申込書に電話番号記載ミス、誤FAXで判明 - 名古屋市
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
メルマガで送信ミス、メアド2350人分が流出 - 洋菓子のヒロタ