Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立シス、SOCを活用したログの相関分析サービス

日立システムズは、機器などのログを相関分析することでインシデントの兆候を検知する「SHIELD ログ相関分析サービス」を提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンター「SHIELD SOC」を活用し、ログの相関分析サービスを提供するもの。

ファイアウォールやIPS、サーバ、データベース、クライアントPCなどシステム上の機器が出力するログを収集して相関的に分析。セキュリティインシデントの兆候を検知してリアルタイムに報告する。

また同社の「セキュリティデバイス監視サービス」や「クラウドCSIRTサービス」と連携が可能。同社では、同サービスを含めた企業向けセキュリティ運用サービスを展開し、2018年度末までに約7億円の販売を目指す。

(Security NEXT - 2015/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン