Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立シス、SOCを活用したログの相関分析サービス

日立システムズは、機器などのログを相関分析することでインシデントの兆候を検知する「SHIELD ログ相関分析サービス」を提供開始する。

同サービスは、同社のセキュリティオペレーションセンター「SHIELD SOC」を活用し、ログの相関分析サービスを提供するもの。

ファイアウォールやIPS、サーバ、データベース、クライアントPCなどシステム上の機器が出力するログを収集して相関的に分析。セキュリティインシデントの兆候を検知してリアルタイムに報告する。

また同社の「セキュリティデバイス監視サービス」や「クラウドCSIRTサービス」と連携が可能。同社では、同サービスを含めた企業向けセキュリティ運用サービスを展開し、2018年度末までに約7億円の販売を目指す。

(Security NEXT - 2015/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント