Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「艦これ」関連ツールに脆弱性 - 踏み台に悪用されるおそれ

人気オンラインゲーム「艦隊これくしょん〜艦これ〜」の利用者向けに公開されているソフトウェア「提督業も忙しい!(KanColleViewer)」に脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「KanColleViewer 3.8.1」および以前のバージョンでは、ローカル以外からアクセスできる「オープンプロクシ」として動作する脆弱性「CVE-2015-2947」が存在するという。修正版として「KanColleViewer 3.8.2」が5月26日より公開されている。

同ソフトでは、「FiddlerCore」ライブラリを用いて、ゲームクライアントとサーバのプロクシとして動作し、HTTPS通信を取得しているが、旧版ではアクセスをローカルホストに限定していないため、不正アクセスなどの踏み台として悪用されるおそれがある。

今回の脆弱性に関して、外部からアクセス可能な端末を探索していると見られる37564番ポートへのパケットの増加を警察庁でも5月上旬より観測しており、注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2015/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
教育機関でのセキュ事故対応を学ぶゲーム教材 - 沖縄県
遊んで学べる「サイバー迷宮脱出ゲーム」 - 警視庁が無償公開
休校措置でネット利用増の教育機関にセキュ学習を無償提供
従業員がTwitter上に顧客情報 - トレカ通販サイト
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る