Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システムエグゼ、MySQL対応のDB監査ソフト

システムエグゼは、データベース監査ソフト「SSDB監査 Logger for MySQL」を6月1日より提供開始する。

同製品は、オープンソースのデータベースである「MySQL」に対応の監査ソフト。「同5.1」「同5.5」「同5.6」に対応しており、データベースの監査に関する知識がないユーザーでも、GUIより設定し、監査ログの収集が行える。

監査用に別途データベースの準備が不要。インストールを簡素化したことですぐに監査が開始できるという。取得した監査ログをCSV形式で転送することで、既存のログ管理ツールとの連携も可能。価格は50万円から。

(Security NEXT - 2015/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ397件の脆弱性を修正
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「phpMyAdmin」にSQLiの脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正