Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングのターゲット、ゆうちょ銀の次はみずほ銀

フィッシング対策協議会は、みずほ銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

20150520_ap_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィッシング対策協議会)

問題のフィッシングメールは、「本人認証サービス」「メールアドレスの確認」といった件名で送信されているもの。誘導先として複数のURLが利用されている。

メールの文面では、「個人情報が一部ネットショップに不正取得され、漏洩事件が起きた」などと騙し、アカウントを凍結すると不安を煽って偽サイトに誘導、アカウント情報などを騙し取る。

5月15日に確認されたゆうちょ銀行をはじめ、これまでも繰り返しフィッシング攻撃で同様の文面で送付されている。同行以外のオンラインバンキングユーザーも引き続き注意が必要となる。

5月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではサイトのテイクダウンに向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。オンラインバンキングの利用者へ警戒を呼びかけるとともに、類似の詐欺サイトを発見した場合は、同協議会へ連絡してほしいとアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2015/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
衰え見せぬフィッシング攻撃 - 報告、URLともに最多記録を更新
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導