Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年のゼロデイ脆弱性は24件 - ゼロデイ期間が前年比15倍に

脆弱性判明時に修正方法が提供されていない、いわゆる「ゼロデイ脆弱性」のリスクが高まっている。

2014年の脅威動向を取りまとめたシマンテックによれば、2014年に同社が確認した未知の脆弱性は24件で、過去最高件数を記録したという。パッチの公開までに要する時間が長期化する傾向にあり、平均4日だった2013年から、2014年は平均59日へと約15倍に拡大したという。

また2014年は、攻撃対象を絞り込む「スピア型フィッシング攻撃」によるネットワーク侵入が前年比8%増となった。侵入するために使用されたメールは20%減となり、ドライブバイダウンロード攻撃など、ウェブ経由の攻撃が目立っている。

さらにランサムウェアも、前年から113%の増加を記録した。違法コンテンツの罰金に見せかけて金銭を要求する従来の手法から、ファイルを勝手に暗号化し、金銭を支払うよう脅迫するランサムウェアにシフト。「CryptoLocker」による被害は、前年の約45倍へと急増しているという。

(Security NEXT - 2015/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、取引先情報など流出 - コックフーズ
欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
医療機器販売の八神製作所、サーバがランサム被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
VPN機器8.7万台分の認証情報が公開 - Fortinetが注意喚起
建設コンサルのランサム被害 - あらたに2県が事態公表
建設コンサルのランサム被害 - 都では4局より業務を委託