Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検知した攻撃者のIPアドレスを反映 - 「Capyリアルタイムブラックリスト」

Capyは、同社の不正ログイン対策サービスで検知したパスワードリスト攻撃の発信元をデータベースとして提供開始した。

同社の不正ログイン対策製品を導入しているサイトで検知した攻撃者のIPアドレスをリアルタイムで収集。ブラックリストとしてデータベースを提供するもの。データベースにはAPI経由で利用できる。

同社ではこれまで展開してきた「Capyキャプチャ」「Capyリスクベース認証」にくわえ、同サービスをラインナップに追加し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2015/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も