Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CITS、メールセキュリティ製品の仮想アプライアンスに上位版

キヤノンITソリューションズは、仮想環境に対応したメールセキュリティ製品「GUARDIANWALL Ver.7.5.01 仮想アプライアンス版」のラインナップを強化した。

同製品は、メールにおける情報漏洩対策や監査、誤送信対策などの機能を搭載したメールセキュリティソリューション。「VMware ESXi 5.1」「同 5.5」に対応する。従来の「Standardモデル」にくわえ、メール本文や添付ファイルに含まれる文字列の検索が行える全文検索機能を搭載した「Advancedモデル」をあらたに追加した。

また、両モデルとも複数台構成に対応したほか、「同Linux版」で提供されているスマートデバイス向け機能を仮想アプライアンス版にも搭載した。外部からスマートデバイスを利用してメールや添付ファイルの閲覧ができるほか、保留メールに対する送信や削除、転送などの各種操作が可能。

初年度の価格は、Standardモデルが50ユーザーで127万9800円から。Advancedモデルが50ユーザーで168万5880円から。2年目以降は更新料金が必要となる。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10