Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリスマスシーズン到来、「ラッピング無料」「送料無料」という誘い文句に警戒を

クリスマスシーズンを控え、プレゼントを探している人を狙った詐欺サイトが多数検知されている。「ラッピング無料」や「送料無料」などを誘い文句に集客しているという。

BBソフトサービスによれば、クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトを11月より検知しているもの。従来、偽ブランド品を安売りするサイトが中心だが、最近は「ラッピング無料」や「送料無料」などで集客する手口が目立っているという。

詐欺サイトでは、入金しても商品が送られなかったり、クレジットカードを含む個人情報を盗み取られるおそれがある。同社は、日本の文化や習慣に便乗した詐欺サイトが、今後も増える可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
「あなたのアカウントが通報された」 - 偽警察のLINEアカウントに注意
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%