Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリスマスシーズン到来、「ラッピング無料」「送料無料」という誘い文句に警戒を

クリスマスシーズンを控え、プレゼントを探している人を狙った詐欺サイトが多数検知されている。「ラッピング無料」や「送料無料」などを誘い文句に集客しているという。

BBソフトサービスによれば、クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトを11月より検知しているもの。従来、偽ブランド品を安売りするサイトが中心だが、最近は「ラッピング無料」や「送料無料」などで集客する手口が目立っているという。

詐欺サイトでは、入金しても商品が送られなかったり、クレジットカードを含む個人情報を盗み取られるおそれがある。同社は、日本の文化や習慣に便乗した詐欺サイトが、今後も増える可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「信用情報を回復する」 - NTTセキュリティ関係者装うメールに注意
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
警察庁、キャッシュレス決済サービスの不正出金で注意喚起 - 便乗詐欺にも警戒を
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を