Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、改正「個人情報保護ガイドライン」を公開

経済産業省は、個人情報保護法における同省分野のガイドラインを改正し、施行した。

ベネッセコーポレーションをはじめ、内部不正やサイバー攻撃による個人情報の漏洩事件が発生していることから、ガイドラインの見直しを実施したもの。有識者の意見のもと改正案を作成、パブリックコメントを経た上で12月12日より施行した。

今回の改正では、外部からのサイバー攻撃はもちろん、内部不正に対する安全管理措置を見直すことを規定。委託先の監督強化も盛り込み、再委託先も含め定期的な監査の実施を望ましいとしている。

ベネッセ問題では、いわゆる「名簿屋問題」に注目が集まったが、新ガイドラインでは、第三者から適切に取得するよう徹底することを求めており、第三者から取得する場合は、適法に入手されていることを確認し、確認できない場合は取り引きの自粛など、慎重に対応するよう努力規定を設けた。

共同利用制度に関しては、共同利用者の範囲や責任の明確化などを追加。また個人情報を提供する本人に対してわかりやすく説明するよう、参考とすべき基準を示している。

(Security NEXT - 2014/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
「コード決済」の不正な口座紐づけ防止でガイドライン - 3月より検討
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
医療システム事業者向けに安全管理ガイドラインが決定
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減