Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、企業向けSSOサービスのトライアル提供を開始

NTTコミュニケーションズは、企業向けシングルサインオンサービス「ID Federation」のトライアル提供を2015年1月9日より開始する。正規サービスは2015年3月末に開始する予定。

20141211nc_001.jpg
サービスイメージ(図:NTTコム)

同サービスは、クラウドや業務アプリケーションに1つのIDでログインできる認証ソリューション。同社が提供するクラウドのほか、他社のクラウド上にある業務アプリケーション、オンプレミス環境にある業務アプリケーションなどへのシングルサインオンを実現する。

基本メニューでは、同社クラウドへのシングルサインオンのほか、パスワード認証、IPアドレスによるアクセス制限、「Active Directory」との連携機能を提供。オプションで、スワイプ認証や端末認証、ワンタイムパスワード認証を利用した多要素認証にも対応する。

トライアルでは、基本メニューとオプションのスワイプ認証を提供。トライアルの募集期間は2015年3月末までで、2015年1月9日から4月末まで利用できる。

(Security NEXT - 2014/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
「Firefox 91」が公開に - 脆弱性11件に対応
アカウント流出の可能性がある対象者の件数を訂正 - 弥生
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響