Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性検知ツール「Nessus」に新版 - ポリシー配信機能などを強化

テナブルネットワークセキュリティジャパンは、「Nessus v6」を販売開始した。

同製品は、6万超のチェック項目に対応したコンピュータやネットワークの脆弱性検知ツール。マルウェアといった脅威の監視や、ネットワーク機器やウェブアプリケーション、データベースの診断、組織のコンプライアンスの準拠状況やコンフィギュレーションの監査が可能。検出内容をレポートとして参照できる。

新版では、アクティブスキャンの自動化やポリシーの編集、自動配信に対応。あらたにスキャン設定用の12種類のテンプレートを追加した。

さらにシステムの堅牢化に利用できる100以上のガイドラインを提供。これらにより、マルウェアの検知効果を高めたほか、モバイル機器、クラウドアプリケーションなどの脆弱性検知を強化した。またシステムに統合するための「Nessus RESTful API」を用意している。

同製品は東陽テクニカが取り扱い、1年間のサブスクリプション価格は23万2200円。今後1年間に新規、グレードアップあわせ、1000ユーザへの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2014/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
あの人気セキュリティ書籍も半額 - Amazonで9月2日までセール中
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス