Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性検知ツール「Nessus」に新版 - ポリシー配信機能などを強化

テナブルネットワークセキュリティジャパンは、「Nessus v6」を販売開始した。

同製品は、6万超のチェック項目に対応したコンピュータやネットワークの脆弱性検知ツール。マルウェアといった脅威の監視や、ネットワーク機器やウェブアプリケーション、データベースの診断、組織のコンプライアンスの準拠状況やコンフィギュレーションの監査が可能。検出内容をレポートとして参照できる。

新版では、アクティブスキャンの自動化やポリシーの編集、自動配信に対応。あらたにスキャン設定用の12種類のテンプレートを追加した。

さらにシステムの堅牢化に利用できる100以上のガイドラインを提供。これらにより、マルウェアの検知効果を高めたほか、モバイル機器、クラウドアプリケーションなどの脆弱性検知を強化した。またシステムに統合するための「Nessus RESTful API」を用意している。

同製品は東陽テクニカが取り扱い、1年間のサブスクリプション価格は23万2200円。今後1年間に新規、グレードアップあわせ、1000ユーザへの販売を見込んでいる。

(Security NEXT - 2014/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec