Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区立商工会館でメール誤送信、会員のアドレス流出 - 港区

東京都港区は、区立商工会館を運営している指定管理者においてメール誤送信が発生し、会員のメールアドレス87件が流出したことを公表した。

誤送信が発生したのは、人事セミナーの案内メール。11月17日17時34分に、会員の企業や団体87件に一斉送信した際、送信先のアドレスを宛先に設定して送信したため、メールアドレスと担当者名が表示された状態となった。

メール送信直後に気付いたため、同日中に対象となる会員に謝罪のメールを送信。誤送信したメールの削除を依頼した。また同区では、指定管理者の全職員を対象とした研修を実施するなど再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2014/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会