Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区立商工会館でメール誤送信、会員のアドレス流出 - 港区

東京都港区は、区立商工会館を運営している指定管理者においてメール誤送信が発生し、会員のメールアドレス87件が流出したことを公表した。

誤送信が発生したのは、人事セミナーの案内メール。11月17日17時34分に、会員の企業や団体87件に一斉送信した際、送信先のアドレスを宛先に設定して送信したため、メールアドレスと担当者名が表示された状態となった。

メール送信直後に気付いたため、同日中に対象となる会員に謝罪のメールを送信。誤送信したメールの削除を依頼した。また同区では、指定管理者の全職員を対象とした研修を実施するなど再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2014/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
高校説明会の参加者宛メールで送信ミス - 大阪府
顧客向け案内メールで送信ミス - 美容健康器具メーカー
音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト