Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニパー、脅威インテリジェンスとファイアウォールの連携を実現

ジュニパーネットワークスは、脅威情報プラットフォーム「Spotlight Secure」とファイアウォール「SRXシリーズ」の連動機能を提供開始する。

「Spotlight Secure」は、攻撃者による活動情報を集約し、インテリジェンスを提供するプラットフォーム。「SRXシリーズ」のファイアウォールのポリシーに脅威情報を連動させることで、不正通信を遮断することが可能。

最新の「Spotlight Secure」では、コマンド&コントロール(C&C)サーバとの通信を検知し、遮断する機能や、特定の国に対するトラフィックを制御する機能をあらたに搭載した。

またセキュリティ管理アプリケーション「Junos Space Security Director」との統合により、クラウドベースの脅威情報をファイアウォールへ活用することが可能。またファイアウォールのポリシーをはじめ、レポートを「Security Director」より確認できるようになった。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
オンライン事業者向けにFIDOによる生体認証サービス - Capy
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
ユーザー起点のプライバシー対応を支援 - PwCコンサルティング
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
外部委託先のサイバーリスクを診断するサービス - GRCS
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス