Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMSの「Drupal」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が見つかった。脆弱性を解消したアップデートが公開されている。

「同7.31」や以前のバージョンに、外部からデータベースが操作できる「SQLインジェクション」の脆弱性「CVE-2014-3704」が含まれていることが判明したもの。

Drupal Japanでも、きわめて危険度の高い脆弱性としており、悪用されると、情報漏洩やサイト改ざんなどの被害に遭う可能性がある。

さらにJPCERTコーディネーションセンターによれば、不正に作成した管理者アカウントを利用することで、任意のPHPコードを実行されるおそれがあることを確認したという。

脆弱性を修正した「Drupal 7.32」が公開されており、アップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2014/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を