Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ドラフト会議の観覧希望者情報が流出 - 日本野球機構

日本野球機構は、ドラフト会議の観覧希望者に当選通知メールを送信した際、誤って個人情報が漏洩したことを明らかにした。

同機構によれば、10月10日16時57分ごろ、当選者のアドレス409件に対して「観覧当選通知メール」を一斉送信したが、違う氏名が記載されているとの指摘が受信者から寄せられ、問題が判明したもの。

当選者のリストを作成した際の作業ミスにより、本文に宛先とは異なる氏名が記載されたまま送信されたのが原因で、観覧募集に応募した650人の氏名が流出したという。

同機構では同日に謝罪するメールを送信し、誤送信したメールの削除を依頼。正しい氏名の記載された当選通知メールをあらためて配信した。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
メール送信ミスで関係者メアドが流出 - INPIT
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
マクロ実行の操作ミスでメール誤送信 - システム開発会社
案内メールで送信ミス、顧客メアド流出 - パソコンリサイクル業者
メルマガで送信ミス、メアド2350人分が流出 - 洋菓子のヒロタ
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
個人情報含むメールを誤って別の事業者に送信 - 東京都
顧客宛のキャンペーン案内メールを「CC」送信 - MGT