Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2014」が札幌上陸 - ARP Spoofing Challenge

セキュリティ技術を競う国内最大のCTFイベント「SECCON 2014」の地方予選が、10月25日、26日の2日間にわたり札幌で開催される。

同大会では、サーバとクライアント間のUDP通信を、Linux上のARPテーブルを書き換えて通信を傍受、改変することでスコアを競う競技を予定。優勝チームには、2015年2月に東京電機大学で開催される全国大会のシード権が与えられる。

札幌大会では、「ARPパケット」を作成、送信する技術があると有利であるため、パケット操作ツール「pkttools」を習熟した上で参加することが推奨されている。また初心者を対象とした「ARP」に関する勉強会も併催する予定。

参加費は無料で、定員は1チーム最大4名、10チームまで。会場は札幌市産業振興センター。詳細や参加要件などは同イベントのページから。

(Security NEXT - 2014/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内初心者向けにオンラインCTF大会を開催 - SECCON
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催