Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「docomo ID」で「不正ログイン」被害 - 口座情報など閲覧されたおそれ

NTTドコモが回線契約者向けに提供する「docomo ID」で、第三者が利用者になりすます「不正ログイン」の被害が発生したことがわかった。

20140930_nd_001.jpg
不正ログインが発生した「docomo ID」

特定のIPアドレスから、ログインの試行が行われていることへ9月29日に気が付いたという。同社が調べたところ、9月27日23時半ごろから同月29日20時半ごろにかけて攻撃が行われていたという。

今回の不正アクセスによりログインされたIDは、6072件。氏名や住所、生年月日、自宅電話番号、携帯電話番号、口座情報、DCMXカードの利用履歴、契約内容などを閲覧された可能性がある。

同社では、攻撃元と見られるIPからのアクセスを遮断。また不正ログインに利用されたアカウント情報については、同社以外で入手した「パスワードリスト攻撃」であると説明。同社のサーバ経由による外部流出を否定した。

同社では、不正ログインが確認されたIDに対して、強制的にパスワードの変更する措置を実施。顧客へ案内している。また不正ログインを防ぐため、パスワードの使い回しや予想できるパスワードの利用を避け、定期的にパスワードを変更したり、2段階認証を活用するよう、利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

3Qのセキュ相談、偽SMSが3.1倍 - 「Emotet」関連は大幅減
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
読売新聞オンライン、アカウント2070件に不正ログインの疑い - 試行や失敗の増加も